残像レコード

過ぎていく日々の記録を。

#家族

先月、祖母が亡くなった。

そのことをきっかけに、複雑に絡み合っていた何かが解けていった。

 

疎遠となっていた祖母の話、顔もぼんやりとしか覚えていない祖父の話など、両親からたくさん聞くことが出来た。そこには、僕の知らない物語がたくさんあった。

 

一言で言うのなら、世代を超えてみんなが悲しかったんだと思う。

どこかで誰かが、何かが違っていたら、悲しみは別のものになったのだろうか。

何度考えても答えは出ないし、考えるたびに悲しみや後悔が押し寄せる。

でも、それだけじゃなくて、僕の中で何かが満たされたような安心感がある。

これまでずっと大事に抱えてきた悲しみや苦しみ、怒りといったものが、真逆の性質のものに変わっていった。

 

そうか…僕がずっと離さずに抱えていたものは…

 

心の片隅で止まっていた時間が、一気に進んでいく。

言葉にできない。

混じり合う感情が、堪えきれずに溢れ出した。

『誰も悪くない。みんな頑張っていたんだ。』

そう心の中で呟いた。

僕は泣いていた。

 

僕は初めて『家族』というものを知った。

そして、『自分』を受け入れることが出来たように思う。

 

周りからみたら、事実は決してハッピーではないのかもしれない。

しかし、これで良かったんだ。心からそう思った。

 

臨床心理士の先生が言うには、

それが『受容』だそうだ。

 

これでいい。今までの全てが、そのままでいい。

 

時間を巻き戻すことは出来ないけれど、心からの想いはきっと届く。

 

未来から、過去から、あなた達の幸せを願って。

 

https://www.instagram.com/p/BTWktz1F2jw/

 

広告を非表示にする